単語の定着には臨場感が必須!?

2014-11-08-21-23-46_deco

数年前から私が個人的に勉強している韓国語。約2年間学校に通い、その後お休みしていたのですが、今はとても良いコーチに出会い、個人レッスンをしていただいています。

その先生のレッスンノート(レッスン後に送られてくるまとめ)の早いこと!

でも先週は、いつもはものすごい早さで送られてくるレッスンノートがなかなか来ませんでした。

その次のレッスンで先生平謝り。「ほんとにごめんなさい。実は先週は韓国から家族や友人が次々に遊びに来ていて案内が大変で。もうハッピリミョン同じ時期に来るから!ハッピリミョン!!」

…ハッピリミョン…!?

ハッピリミョンてなんですか?と訊いて「えーっと日本語でなんだっけ。どーーーしても思い出せない!ハッピリミョンだからえーっと」という会話が続いた(韓国語でね)。

先生のあまりの困りぶりと響きのインパクトに帰ってすぐに調べたら「よりによって」という意味でした。漢字で書くと「何必」で、ハッピルとも言うのね。

それから何個か韓流ドラマを観てたら何回か出てきたけど(よっしゃ、と思わずガッツポーズ)、確かに言ってる、言ってる。「ウェー(なんで)ハッピリミョン俺を好きになったんだ!」とか(笑)しっかり私のボキャブラリーの引き出しに収納されました!

TOEICのナレーターの人は「排水管が壊れたから配管工を呼びましょう」というようなシチュエーションもムカつくほど淡々と読んでいるけど、ほんとは「オーマイガッ!排水口がつまってんじゃないの!誰か配管工の人を呼んでくれない?」くらいの勢いで読んで欲しいよねー(笑)じゃないとシチュエーションが想像できない。ていうかそんな人がもしほんとにいて「ちょっとアンタ!きいてんの?」なんて言われたら「もうちょっと感情込めて話してよー、あなたの声眠くなるのよ」って感じ。

というわけでTOEICを受けられる皆さんは時間があるときに公式問題集を使って、色々なシチュエーションに合わせて一人芝居をするのもいいかと思います。自分で演じる(?)と、ボキャブラリーも発音も、よりしっかり定着します。

あ、12/6の模試&直前勉強会では時間がないのでこれはやりません(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中