TOEICリスニング パート2おさらい

illust2463_thumb

今日はTOEICリスニングパート2のポイントをおさらいします☆

ここでのポイントはたった1つ!!

5W1H(疑問詞)だけ聞けば7割は解ける(^^)

7割は

Who(誰)、What(何)、Where(どこ)、When(いつ)、Why(なぜ) 、How(どのようにして)

から始まる文だということです。嘘だと思ったら試してみてください!日本語では「ここにおいてあった私のお菓子食べたの…誰?」なのか「ここにおいてあった私のお菓子食べたの…なぜ?(?)」と最後まで聞かないと何を一番訊ねたいのかがわからないこともありますが(もちろん「誰!ここにおいてあった私のお菓子食べたの!?」ということもあるけど)、英語では5W1Hを訊ねたいときは必ずそれを一番先に持ってきます。

だから、訊ねられているのが場所なら場所、時間なら時間を答えているものが解答です。

さあ、これで7割が解けました。残りはどんな問題かと言いますと…Do you~?とかIs it~?などの、疑問詞のない質問(簡単に言うと、5W1Hが出てこない疑問文)です。「~するのか/しないのか」「~なのか/ではないのか」などですね。これらは、以前はYES or NOで答えれば良かったのですが今は少しだけ指向が変わりました。

「キャシーさん、今度の会社のピクニックには行かれますか?」の答えが「はい、行きます」と「いいえ、行きません」という非現実的な答えではなく「行きたかったけど他に用事があるの」という、より実際に使われることの多い表現になったと言えるでしょう。いかに普段から英語を使っているかを問われるので、上級者を振り分ける意味もあると思います。

とは言っても英語なんて使わないし…
という人は、とりあえず消去法でも大丈夫(笑)

「サンドイッチを作っています」(なんとなくピクニックっぽい)とか「ニックとは最近会ってないわ」(ピクニックのニックだけ聞こえた人用のひっかけ)など、「いやいや、それおかしいでしょ!」というのを排除するだけです。

そしてここでも、完璧でなくても引きづらないでね。まだまだ先は長いのだ(^^)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中