英語なんてムリ?

illust179_thumb

今日は完全なブログ(つぶやき?)です。

「英語なんて絶対ムリ、出来るわけがない」という方がたまーにいらっしゃいます。そういう方はたいてい「中学のとき発音間違えたらクラス中に笑われて嫌になった」とか、「あぁ僕には、私にはしょせんムリなんだ」って、他人から思わされてしまった人たちなんですよね。

実はこの私も、日本では英語が大好きだったのに、フランスのインターに行ってから学校で教科書を読まされるのが嫌で嫌で仕方ないときがあって、「喉が痛いから読めません」って絶対に読まないという時期がありました。

プロフィールにもあるけど、初めてフランスに行ったときの英語(ESL English as Second Language という、初めて英語を学ぶ子供たちのためのクラス)の先生はイギリス人の先生で、しかもお子さんが同級生にいてとっても優しくて。でもその先生は翌年は転勤でドイツに行ってしまったのです。

そうしたら次の年は先生がアメリカ人になって。ダニエルカールの山形弁じゃないけど、こんな純日本人風の顔立ちのワタクシがイギリス王室みたいな英語を一所懸命に話してるのがおかしかったんでしょう。とにかくモノマネされ、笑われ、しまいには「その発音はおかしい!」とモノサシまで投げられたのです。

そんなわけですっかり萎縮した私は傷ついて(このときばかりは両親が学校に抗議してくれました。「ここは世界中の子供を受け入れるインターナショナルスクールではなかったのですか?」と冷静にね)、本当に一言も発したくなくなってしまったのです。

だから、「中学のときに笑われて英語が嫌いになった」人の気持ちも実はよくわかっちゃうんだ~……。

そういう人にはムリにやる必要はないですよ!と言ってます。でもこれだけは言いたい。日本語には外来語がたくさん溢れています。ベッド、カップ、グラス、シェルフ、ドア、オーブン……それから、「~に~ショップがプレオープン!」とか、「スーパーモデルの~がランウェイをウォーキング」とか(よくわかんないけど)。「ウェザーフォーキャスト」とか「トラフィックインフォメーション」とか。

車が好きな人ならペダルとかリアとかミラーとかアクセルとかエンジン、全部英語じゃないですか!←むしろ私が自動車工場の孫なのによくわかってなくて例題が少ない(^-^;)

外国でこんなに日本語の単語を使っている国があったらどうですか?私なら「ブラボー!!」と拍手するか、思わず感動して泣いちゃうかも。よくTシャツの英語が間違ってるのとか恥ずかしいと言ってる人がいてそれにも同感はするけど、外国人が「変人」とか書いたTシャツ着てても「なにあの人ー?」と思いながらもどこかで「日本語を好きになってくれてありがとう」とちょっとは思いません?

言いたいことは、あなたはもう英語は出来てるんです!ってこと。日本で暮らすだけでも、こんなにたくさん覚えて来た(覚えさせられた)んですよ!

ただ何事にもレベルがあるってこと。例えば私がCNNのニュースキャスターを受けたら確実に落ちます。「あなた何しに来たんですか?」って言われます。だから上を見たらキリがない。でも今出来ること、わかることを改めて考えてみると、案外もうレベル1か2にはいるってこと。0ではないのです☆☆☆

実際、外国の人は「僕日本語できるよ~。コニチワ~、サヨナラ~……以上」みたいな人、けっこういます(笑)

そのレベル1とか2からもうちょっと上を目指したい、何かプラスアルファの武器が欲しい(武器になることは事実です)、ということなら、今からだって全然遅くないんです(^-^)ただ、コツだったり、その人それぞれにあった方法はありますけどね。

ではまた~

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中