TOEICリーディングパート7 攻略方法

images-9

たいへーん!もうこんな時期!!TOEIC模試までもう一週間もないじゃないですか。

パート7のポイントのおさらいをまだしていませんでしたよね。

それぞれにレベルがあると思うのでここではあくまで一番大事なことしか書きません。でも、私が教えていた自己採点400→3ヶ月(というか3回)のレッスン→本番で一発800を打ち出した生徒さんにもお教えしたことなので、効果はテキメンなはずです。

その1 パート7は楽しんでやる!

長い文章がたくさん出てきます。「パート7ってすごく難しいらしいよ」という噂も耳にしちゃっていると思います。でも、たまにちっちゃな絵が出てきたり、ハガキの形をしていたり、メールの文面をデザインしていたり、ある意味他のパートより分かりやすいんですよ♪パラパラ見て、やりたい問題から楽しみながらやっていけばいいと思います。でもマークする場所は間違えないでね(´Д`)

その2  大事なことは一番初めに出てくる

タイトルだったりサブタイトルだったり、とにかく一番初めの一番目立つところにその文章全体のテーマがもう書いてあります。求人なのか、店の宣伝なのか、インターンの申し込みなのか、何かのリサーチ結果なのか…本当ですよ。嘘だと思ったらやってみてください。もし分からなければ、分かるまでその間読み進めてください。そのうちすぐに出てきます。

その3  テーマが分かったらすぐに設問を読む

はい、一問目の答えは「この文章の意図することはなんですか?」というものが多いので、もうできました。

あとは一問か二問しかありません。設問を読んで、その答えを斜め読みして探すだけです。最初から全部一語一句読もうとしないで、設問に関係ある言葉を探すといいです。日本語でも自然とやっていることですよね。

まぁまずはこれをやってみてくださいませ。

「そもそも長い英文を見ると頭が痛い」とか「眠くなる」とか「逃げたくなる」人は、自分が興味がある分野の記事などをインターネットで見つけて、なんとなくでもいいから眺める練習をするといいですよ。興味のある言葉ってなぜか向こうから飛び込んで来ますからね。長い文章の中で強弱がつくというか、気づいたらきっと、ただのアルファベットの羅列には見えなくなっていると思います(笑)

パート7の目的は、「長い英文でも瞬時にテーマ(いつも言ってる背景とかシチュエーションね)が分かって必要な箇所を見つけられる(向こうからちゃんと飛び込んで来るのを知ってるか)かどうか」ってことを測っているんです。忘れないでくださいね♪

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中