福袋☆と色々な物の値段について

20150103_163315

Has any of you been to the New Year’s sale or bought a “Lucky Bag”?

福袋は日本特有の文化ですが、各ブランド、訳すときは「Lucky Bag」や「Happy Bag」と訳すことが多いようです。私は福袋は人生で2回だけ、しかも中身がある程度分かるものしか買ったことがないので内容的には「Mystery Bag」だと思うんだけど……それじゃあまりにも怖いですね(^-^;運試しというか、「買うだけで福がある!」ということにしないと宣伝効果も半減しちゃいますね。

さて、今日はもう少し踏み込んで、色々な物の値段についてお話したいと思います。これ、けっこう分かっていない人が多いのですよ。

Price、Cost、Rate、Fare……物の値段を表す単語には幾つかありますが、皆さんはこれらの違いをハッキリ説明することは出来ますか?

Priceは物の価格。既に決まっている値段です。スーパーでも、セブンイレブンでも100円ショップ(アメリカではOne dollar shop)でも、売っているものにはすべて決まった値段で売られているので、そういった場所で売られている物についているのはpriceです。

次に、Costは費用です。「何かをするために掛かるもの」ということで、旅費などはこれにあたります。ちなみに「cost」は「掛かる」という動詞でもあります。「My three – day trip to Guam costed me almost 100,000 yen!←which is a true story」というような使い方をします。また、この「cost」についてはお金だけでなく時間や労力などにも使います。

Rateは一定の利率で変動する価格です。ホテルの室料とか、保険とか、税金とか、あと為替とかですね。

それから最後にFare。これはバスとか飛行機などの乗り物の運賃です。だから、「バスのチケットはいくらですか?」は「What’s the price of the bus ticket?」もしくは「How much is the fare?」ならいいけど、「What’s the price of the bus?」と訊いたら、バスを丸ごと買うと思われちゃうかもしれないのです(^-^;気を付けてくださいね。

と、ここまで読んできて「あーもうめんどくさいっ!」という人。一番無難なのは「Fee」です。これは授業料とか診察費用なども含めてわりと全般的に使います。「How much is the fee?」が一番無難な「料金は幾らですか?」にあたる表現ですね。

まぁなんとなーく覚えておいてください。いつか役立つかも(^-^;

ちなみに人生2回目の福袋はなんとこのブログを書いた直後に買いました。大好きなブランドのボディケア製品です(^-^)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中