「産休」「育休」って何て言うの?

illust186_thumb

さてさて、今日は、色々な休暇の種類について書きます。

タイトルにある「産休」や「育休」という表現も最近は普通に使いますもんね。英語ではそれぞれ

●産休  maternity leave(育休まで含むことも)
●育休  child-care leave

と言いますよ。最近はmaternity(マタニティ)leave に対してpaternity(パタニティ=父性)leaveと言うこともあるようです。いわゆる「イクメン」ですね。

その他の休暇の種類には

●Sick leave  病欠
●Paid leave (holiday)有休

などがあります。

あとは、大学の教授などが数ヵ月間~研究のための休暇を与えられる
●Sabbatical leave

というのもあります。

「~休暇を取る」は「take a ~ leave」です。「Aさんは今産休に入っています」は「Ms.A is taking a maternity leave now.」です(^-^)もしくはもっと簡単に「Ms.A is on maternity leave」とも言います。

普通に「Aさんは休みですっていうのは何て言うの?」というそこのアナタ、それは「Ms.A is taking a day off」です。めんどくさいですか?じゃあ「Ms.A is not here today 」(Aさんは今日はいません)でも大丈夫です。日本語ではこんなこと言うの絶対NGですけどね(あ、たまーにいますよ)。

そういえばむかーし勤めていた会社で「~は本日はお休みをいただいております」と答えていたら隣の席の先輩に「休みは会社が従業員に与えるものなんだから取引先にそれを言うのはおかしい!」と怒鳴られたことが(笑)それはごもっともなんだけど……なんかモヤッとした記憶があります(笑)女性は「取る」とか「食べる」とか直席的な表現ではなく「いただく」と普通に言いますからね~(´Д`)

また長くなりました。昨日は軽い風邪のせいか激務のせいか頭痛と喉の痛み、それから肩凝りでsick leaveを取ってしまったYukiですが、もう元気です☆おかしいなと思ったら早めに休むのがいいということに、今頃気づいています。

しかし熱みたいに肩の硬さを計って数値で示してくれる機械、誰か考えてくれないかしら。頭痛や吐き気がすることもあるしあなどれないのよ(´Д`)「肩の硬度が~度なので休みます」とかないのかな(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中