無事終わりました~✨

こじんまりした中でアットホームに開催することができて、楽しかったです❤

「中学の嫌いな担任の先生が英語の先生でやりたくなくなった」「転校を繰り返しているうちに分からなくなってしまった」「中学に入ったら英語が勉強できる!と思ったのにしょっぱなから発音を笑われて心折れた」。それから、「訳あって子供をプレスクールに行かせているが、お母さんである自分が思うように話せないことが恥ずかしいし申し訳ない」などなど……色々なモヤモヤを抱えている方が私の講座を見て「これだ!」と来てくださいました。

「ABCからやり直せばいいんだ!」「子供に接するようにとことん付き合ってくれる先生がいる!」とわかっていただけましたでしょうか(^-^)「一歩前に踏み出せました」と仰っていただけたので、意味のある会になったのかなとは思っています。

たとえば、最後に書かせていただいたお子さんをプレスクールに通わせているお母様。足りないことばかりに目がいって自分を責めてしまうかもしれませんが、お子さんを安心して預けるところができて、お子さんが英語の音に自然と触れられる環境がある。それだけでとってもhappy☺🎶なことです。

英語は学校に任せて、お母様はきちんとした日本語(母国語)を教えることに徹するという考えでもいいくらいだと思うんですよね……やはり母国語は大事です。なんだかんだ言って子供は親の教える言葉で感じたり考えたりするわけだから。……とお話ししていたら、執筆業を生業とされているお母様でした。やっぱりね。

お母様が長年かけて培われたその日本語の表現力をお子さんにも!👊😄📢

プレスクールでママさんたちに英語のことを何か言われても、「私は英語はまだまだ勉強中で~😋」でいいと思うんです。で、心の中で「私は日本語の力がずば抜けすぎて英語をそのレベルまで引き上げるのは容易ではないのよっ」と。

そんなA様には、いつもお子さんに話しかけていらっしゃる言葉や表現をまとめていただき、私がそれをA様らしい言葉に一旦翻訳、一緒にそれが妥当か考えていただき(ここが重要!)さらにそれを録音したものを教材にして聴いていただくというレッスンプランを作ることにしました。

それと出張ママ会イベントですね。

私のところにいらっしゃる生徒さんは皆さん「自分の言葉で語りたい!」という思いの強い生徒さんばかりです。類は友を呼ぶのですね(^-^)私もフランスに行った初めの年は「自分が言いたいことが言えないなら」と1年間殆ど黙ってましたから(笑)

だからこそ、「自分の言葉で語りたい」を私は全力で応援します❗

2歳の息子くん可愛かったなぁ~✨

2015-08-02-13-43-46-436

2015-08-02-15-02-07-894