TOEIC SW(スピーキング&ライティング)テストを受験してきました

TOEIC SWテストを受験してきました~。5月頃にETS主催の説明会に当選して、「SWとは一体どんな試験なのか」というのを聞いたので、せっかくなので受験してみたわけですが……一言で言うと……いえ、語弊があるのでやめます。

出来るだけポジティブな表現をすると、値段に見合った会場ときちんとした環境で受験が出来れば、とても役に立ち、なおかつゲーム性のある(タイムリミットがわりと厳しいうえに、だんだん後半に行くに連れ短くなるので、頭に叩き込んでおかない限りは時計が気になって仕方がありません)楽しいテストになる可能性は充分に秘めています。

ただ……やっぱり書きます、正直に。会場がショボすぎる。スピーキング部門ではヘッドセットをして疑似対話をするのですが、周りの受験生の声がまる聞こえ!裏の公園ではイベントが開催されていて騒がしい!試験監督もなんとなく慣れていない、そもそも受験ハガキは来ないのですが、メールに記載されていたビル名は違うし、1階のお店は変わっているし、看板も自動ドアの前に立つとちょうど見えない場所にある……。ETSさん、どうされました?一時的な資金集め?語学学校のフランチャイズ?とさえ思ってしまいました。

肝心なテストの内容ですが差し支えない範囲で書くと、とにかく環境も含めてTOEICとの落差が激しすぎます。実際に外資系企業で求められる対応よりも早く、ただのゲームか心理作戦にしか思えません。TOEICでせっかくハイスコアを取った人のやる気をそぐような内容と仕組み……。私は自分の生徒さんたちには勧めません。やるなら私と充分に練習をしてからでないと送り込めません。というか、そこまでして受ける価値は、正直ないと思います。ついに指導人数は155人(学生時代の塾講時代から数えたら200人超え)を超えましたが、かなりの割合の人数の日本人は「やっぱりダメなんだ、僕、私」となりますよ。

Their purpose should be either:
・企業に「TOEICのスコアに惑わされて英語が『使えない』社員を採用・昇進させないようにSWを導入して社員をふるいにかけることを勧める」
・一時的なお金儲け

にしか、申し訳ないけど思えません。せっかくならTOEICよりさらに安いお値段にしてもっと気軽に何度も何度も受けられたら、日本人全体の英語力が上がると思いますよ。あくまでもこれは私の意見です。そして、私の意見はたいていの場合かなり先を行き過ぎていてあまり理解されません。また、お金儲けだけにフォーカスしている人には面倒な存在なので潰されます。でも私が「利用する側」の気持ちに常に立っているのは確かです。

あ、でも説明会のときに見た・聞いたサンプル回答を見ると、採点基準は意外と甘いみたいなので、「心頭滅却」して試験の間だけ乗り切れば、私の生徒さんたちはけっこういい点は取れると思います。一応そこまで考えたレッスンをしているつもりなので。でも、内容、開催場所ともに私はお勧めしません(笑)あ、また書いちゃった。

とにかく色々な意味でカルチャーショックでしたが、いい経験になりました。

いや~一体なんだったんだろう。と、珍しく毒を吐きましたが……私の大切な生徒さんたち、そしていつか生徒さんになる方たちの為にならないレッスンや試験に出会うと、ついつい反応してしまいます。でもそんなの関係ない!私は私のレッスンをこれからも続けて行きます♡以上!