英語の勉強に俳句!?

最近好きでよく観ている番組に「プレバト」があります。これの俳句コーナーには毎回「なるほど」と思います。言葉はやはり、情景を描くこと、相手に伝えるためのツールなのですね。自分自身がその情景を描けていないのに相手に伝わるわけがない。

英語脳より、まずは心の目を育てようと、より一層強く思いました。これはダイアン吉日さんも仰っていたことです。

と、いうわけでそんなお話をしていたところ、生徒さんのお一人が早速大久保の俳句文学館に行かれ、報告してくださいました。みなさんフットワーク軽っ!!

そしてこちらが作られた英語俳句!!

When I looked up
The leaves of the trees had turned red
Without me noticing

TOEICは390点。だからなんだ!きっと次回は上がってる。

俳句のことはよくわかりません。でも俳句に触れたことで、英語の描写力、表現力が一瞬にして上がったのは感じます。簡潔に、バシッと決まっています。

「脳が刺激されまくってる感じがする」そうです!