究極のスキマ時間英語学習!「週に一度の課題文チャレンジ」

新年早々、「今年こそは英語をやりたい!」という方からたくさんご相談をいただいています。でも、ちょっと待って!「英語をやる」ってなんでしょう?

考えた結果が「英語が好きなのでとにかくなんでもいいから触れていたい」ということならそれはOK。私はこれですね。あ、皆さんのためにも今年はもっともっと色々なことを学び、資格も取りたいと思っています!総合的なアドバイスのできる、英語のプロになるためです。

考えることに意義があります。

もしあなたのやりたいことが「言いたいことが言えるようになる」「英語力の底上げをする」「TOEICのスコアにふさわしい英語力身につける」「TOEICのスコアが上がらず画期的な方法を試してみたい」なら、気軽に1ヶ月単位(永久入学金10,000円、3240円/月)でできる究極のスキマ時間英語学習がありますので試してみませんか?

その名も「週に一度の課題文チャレンジ」。

私から週に一度日本語の課題文をお送りし、皆さんはそのシチュエーションを自分なりに考えた上で英作文をする、というものです。お一人お一人添削し、さらに匿名で他の方のお答えをご紹介します。

このレッスンに向かない方がいるとすれば、「答えは一つしかない」「言葉から言葉に訳すのに事の背景や人の感情は関係ない」と思っている方、そして「疑問があったときに問題文が悪いと一方的にクレームしてしまうような」方です。他の人の答えからも何かしら学べること、課題文についての自分なりの解釈をきちんと冷静に伝えられること、建設的な話し合いができること、は不可欠です。

※課題文をまとめて本にしたりHP上であたかも自分で作った文章のように紹介するのもNGです!

実際に受講されている方からのコメントをご紹介します。

O様(46歳 会社員 ← 私はどうでもいいのですがわかりやすく書いています)

【人生においての学習経験】

最近、これまでの英語学習が語学教育として実践からかけ離れていると感じる。

まあ、これまで真剣に取り組んでこなかったこともあるが、当時、学校の勉強をちゃんとやっていたとしても言いたいとこが伝わったとは考え難いのではないか。

あることがきっかけで改めて英語学習を始めて1年が過ぎたが、本当の語学習得をやっている実感がある。表現は画一的なものではないこと、単語の持つ本来の意味を考えることはコミュニケーションにとって重要なことだとつくづく感じる。

語学習得は一朝一夕にはいかない。地道に続けることが何より大切なのではないかと思う今日この頃である。

独学とYucony 先生のチェック機能で、英語によるコミュニケーション能力を高めたいと誓う年頭となった。

【感想】

これまでやってきて、想像力と表現力が問われるなぁ。と感じてます。
何よりシュチュエーションがよく練られていると思います。ショップの定員さんや、そのお客様、また社内の一人になったりして、その回ごとにキャラクター設定をして考える必要があります。表現もお客様相手のような対外的に対応する時の気遣いや、社内の同僚や上司に対する報告など立場やシュチュエーションによっても変わる。そして自分の知っている表現や語彙力(ほとんどないけど)で精一杯トライしてみる。かなり難しいけれども、サポートはしっかりとして下さるので毎回なんとか回答は出せてる(のかな)。

ある回の時に私のレベルだといきなり英語にすると相手には伝わらないとのアドバイスを受けて、それ以降は、まずは日本語に落とし込み、その後に英語に変換するといったプロセスで進めています。

印象に残っているのは、留守番電話に伝言を録音するシュチュエーションの回。何しろそんなことは初めてだったので戸惑いながら、回答したことを覚えています。その回の時は、自分で作った舞台センテンスを実際に録音して先生に聞いてもらった。これはとても面白かった。

最近、シュチュエーションの設定も段々と難しくなってきていると思うのは私だけでしょうか(笑)

結論!こんな凄い先生は他にいないので私の足が止まるまでは付いて行こうと思います。I’ll follow you!

その方にあったアドバイスを差し上げたいので、こちらのプランと一緒に何か対面の講座を組み合わせていただくのがオススメです!

O様はこの一年で、

●朝活
最近あったことのアウトプットの練習
●赤本(Essential Grammar in Use)
文法の勉強
●発音レッスン
リンキングの理解
●Skype
アウトプットの練習とワンポイントレッスン
●TOEIC受験 3回
レベルの確認
●映画
ネイティヴの表現について
●バスツアー
ガイドの外国人向けの案内の仕方
●大江戸博物館
英語ガイドによる江戸の案内
●ラスカル掲示板(FB上に乗せて頂いたものをチェックしておくサービス。いわゆるLINEレッスンです。)
センテンスと写真による記憶蓄積
●英語落語
小話の練習
●俳句
俳句から言いたいことをまとめる力
●日記
毎日の感情表現

を楽しくやられてきました♫