プロシンガーに学ぶ発音練習のコツ(AEE176より)

All Ears English Episode 176:A Professional Singer Shows You How to Deeply Learn the Sounds of a Language

「アラビア語が喋れるわけではないのに完璧な発音をするシンガー」がゲストとして登場し、リンジーとギャビーの二人とともに、発音練習のコツについて話しています。

またまた要約です。詳しくはぜひPodcastを聴いてみてくださいね。

シンガーソングライターであると同時にプロのバイオリニストでもあるという、異色のアーティストLydia Lyon(リディア・リオン)は、アメリカはミズーリ州生まれ。アラビア語はほとんど喋れません。しかし、学生時代に知り合った友人たちの影響でアラビア文化と音楽に興味を持ち、ひょんなきっかけからアラビア音楽の世界に足を踏み入れることに。今では本物のアラブ人に負けず劣らぬ美しい発音で、聴衆を魅了しています。そんな彼女がアラビア語で歌を練習するうえで役立ったことは……

1)とにかくモノマネをして、自分の口からも発してみる
(リンジーとギャビーも「モノマネは子供から大人まですべての人において学ぶことの基本よね」と大いに同感)

2)言葉をかたまり(チャンク)にして少しづつ覚えていく
(新旧の様々な音楽や映画、人々の会話に触れることにより、だんだん「この音のかたまりはどこかで聞いたことがある」という気づきが多くなる。気付いたら気になる。気になったら調べる。これについては普段「英語は英語のま理解して。母国語に訳そうとしないで」と言っているリンジーとギャビーも「最初は調べなきゃわからないもんね」と納得。これを続けていくことにより、だんだん調べる回数が少なくなっていき、より長いかたまりが理解できるようになります)

3)感情のスイッチをONにする
(歌の歌詞には当然、感情が込められたものが多いため、「この人はどういう気持ちで歌っているのだろう」「同じことを自分が表現したらどうなるだろう」ということを深く考えるきっかけを与えてくれます。これは個人的にとても大事だと思いますよ)

4)締切を作る
(プロのシンガーにはレコーディングやライブなど、締め切りがつきもの。やみくもに聴くだけでなく、期限までに自分のものにしなければいけないという多少の負荷が、結果的に良い発音には役立つ)

この4点だそうです。

これには私も大いに同感。

1)のモノマネは「シャドーイング」という形で取り入れている人は多いですが、その後の2)、3)、4)が抜けているケースがほとんどのように思います。よろしければぜひ、ぜひ、ぜひ!参考にしてみてください!