やはり「英語らしさ」がかなり重要!?

G様が対面レッスンのレポートをシェアしてくださいました。初めての受験で準備期間はほんの数週間。でもアルファベットは完璧に発音できていたのですね。

それでこのスコア。平均点よりだいぶ高いとはいえ、「英語発話学習者平均レベル」という結果。これは悔しいですね。これから頑張りましょう。

もちろん、スコアを上げることだけが目的ではありません。対策を練って無理に何かをすることが一番の目的でもありません。

でも、ネイティヴにとってどうして「ordinary Japanese」の発音に聴こえたのかを考えることには意義があるし、例え数千円でもお金を払って受けた試験ですから、利用しない手はないと思います。

という目で改めて見ると、やはり英語らしさということについてもっともっと考える必要がありそうです。私たち日本人全般的に。そこには心理面も文化も、やはり関わってきますよね。

さらに上を目指して頑張ろうという向上心のある生徒様。私の研究のためにももう少しだけお付き合いくださいませ!

一発満点だった私も自分のスコアレポートを引っ張り出してきてもう一度見ます。

ハツメンの皆様のレポートも改めてしっかり研究させていただきます。