日本語と英語は違う言語です

生徒さんたちとお話ししていると、「これはこう習った」「これはこうだと思っていた」ということがよくあります。単語ひとつ取っても、文法ひとつ取っても。

そのたびに「そうなんだよなぁー。そこを教えてあげられないとなぁー。」と思います。

そもそも日本語と英語は違う言語だから。文化も考え方も違う、英語圏の人々の言語だから。世界の共通語とは言ってもそれは紛れもない事実なんです。

その事実を、もっと噛み締めて、腑に落ちさせる必要はやはりあるのではないかと思いますよ。

英語の勉強を始めるときには、日本人でも、ネイティヴでも、その事実をしっかりと実感させてあげられる先生との出会いがやはり必要かなとは思います。少なくとも、「with=一緒」という記号のような教え方ではダメですね。

読んだり聴いたりたくさん英語に触れれば、ひとつの言葉がカバーする範囲の広さにはおのずと気づくとは思います。それくらい突き詰めればわかるでしょ!と思う自分もいます。

でもそれは私のように他の科目を多少諦めつつ、英語に(映画や音楽に現をぬかす時間も含め)すべてをかけて追究することを決意しない限り難しいことだと思います。

私は英語以外のことはからっきしダメです。だから皆さんそれぞれに色々な知識や経験があってすごいなあと、心から思います。

だからこそ、私がこれだけ時間をかけてせっかく学んできたこと、今も学び続けていることはシェアさせていただければと思っています。大儲けする気はありません。自分が学び続けることができて、皆さんにも快適なスペースをご提供できるだけの収入があれば、必ず倍返しでお返しします。

切り口はたくさんありますが、一通りお教え出来るのが強みです。

ちょっと相談してみたい!という方はぜひいらしてくださいね。無料体験レッスンがないのは、その場でかなりのことはお教え出来るのと、体験のあと何十万!というコースに勧誘したりすることがないからです。

と、横浜に向かう電車の中で久しぶりにブログを書いてみました!

ではまた!