言葉、本、その他諸々について語った2時間半

「英語だけを学ぶ教室ではなく、コミュニケーションに必要な言語や社会力等を音楽や演劇を通して学ぶ教室」ラボ・ミヤザキの代表でもあり、NGO国際こども支援団体”H&H”代表、NPO法人ままのて理事の松崎美和子様が東京にみえるということで、急遽渋谷で待ち合わせ、お茶をご一緒させていただくことに。

絵本について、翻訳について、母国語について、心を育むということについて、言葉と感情の繋がりについて、与え過ぎない教育について、気づきを与える教育について、自ら調べるということについて、年齢を超えたこどもの交流について、不登校について、発展途上国の子供の教育について、日本の子供の読み書きの問題について、本について、本屋さんについて、図書館について、ブックカフェについて、〜文庫について、ホテルについて、そして今は皆様成人されてそれぞれに活躍されているお子様方の子育てについて、2時間半お話しました。

限られた時間のなかで伺ったお話はどれも本当に面白く、もっともっとお伺いしたいことはたくさんあったのですが、残念ながらタイムアップ。もっともっとお話したかったです。特に美和子様が「はらぺこあおむし」の絵本の日本語版と英語版の表現方法の違いについて説明してくださったときは大変感動しました。日英どちらの一節を読まれるときにも、声に優しさと愛が溢れているなあと思いました。美和子様がどれだけこの作品がお好きか、声から伝わってきました。新しい体験でした。

日本語と英語の違いや翻訳するときの表現方法のバリエーション、可能性……言葉をもっと自由に操りたくて英語をこんなに勉強してきたのに、絵本というのは盲点でした。CTPの絵本は取り入れていますが、それには最新のトレンドだからという側面もあって。そもそも私は日本語でも絵本というものをあまり読んだことがない!私が表紙くらいしか知らない、病院の待合室にあっても今まで手に取ったこともない、そんな、いわゆる「名作」を、改めて見直してみたいと思いました。

この数ヶ月間、表参道に呼ばれている気がしてならないのは、もしやクレヨンハウス!?次のお休みには早速行ってきます。実は以前のオフィスがあった外苑前にも呼ばれてます。1年間全く行っていないので。あ、いや……来週は月曜もまた仕事があるんでした。いつになるやら。

美和子様とは、hopefully来月、ラボ・ミヤザキでお会いします。元気なキッズたちに会えるのが楽しみです☆

TIL

コーヒーやお茶は、ホテルのように(私が働いていたところはエンドレスでした)一回お代わりがいただけたら大変ありがたい。そんなサービスがあったら間違いなく感動する_φ(・_・やっぱり私は人を感動させたり期待を上回りたい。

3DC6FCA5-5797-42FC-B5E5-5286702DBA19