入学金10800円も残りわずか!

9月からご案内しておりますとおり、入学金が年明けから21600円に上がります。

お一人、お一人に合わせた自由度の高いレッスンはもちろん、私自身が学び続けるため、そしてアクセスのよい場所で教室を構えるための維持費(夜と週末にエアコンが付かず別料金だったのは想定外で、入居時の説明不足だったと思っていますが、10月まではとにかくこことの契約は切れません。これもかなり経費がかさみます)、ついついやってしまうお節介、おまけ……それら全てを鑑みて、必要だと判断した結果です。

LINEレッスンも本来は24時間以内に返信ですが、ご存知のとおり90%は即レス。実は携帯代もかなり高額です。でも、それくらい皆さんの「今だ!」というタイミングに合わせて、自然と英語が生活に取り込まれていくように、最大の効果を出すことの出来るサブリミナルレッスンを目指しているので、手を抜いたり楽をするつもりはないんです。

キャンセル料も、今までいただいたことないはずですよ。きちんといただくべきなのは分かっていますし、今後はそうせざるを得ません。でも、今まで3年近く、最大限に皆さんのことを優先してきました。生徒様都合でのキャンセルでも振り替えてきたはずです。

でも、余裕があるかというと、当然ないのです。

英語を教えていない時間はお掃除のバイト(まあ、これは勉強と趣味を兼ねてやっている、大好きなホテルのお仕事なので生活のためとは言えないですが)、音声収録のお仕事、翻訳、セレクトショップのお仕事、など頑張ってます。それでやっと、一人のキャンセル料、延長料、私自身への残業代(があると想定して)、終電を逃し場合のタクシー代をカバー出来るかどうか。

こういうことは言わないで済むなら言いたくありませんが、レストランも、ホテルも、美容室も、みんな一緒のはずです。本当はキャンセルはとってもイタイんです。日本はお客様商売に対する期待が大きすぎるような気が常日毎からしています。私も含めてですが、おもてなしをタダだと思って育っています。でも、お客様商売も立派な商売で、それで生活している人がいるんですよね。

でも突然杓子定規な対応に切り替えることは出来ない。出来れば余裕綽々で笑顔の先生でいたい。であれば、良いサービスを受けるための入学金を値上げせざるを得ないという結論に達しました。

と、いうことで、ご理解とご協力をお願いいたします。

「必ずお世話になるので年内に入学金だけ」という方もいらっしゃいます。お任せいたしますが、来年からは上がりますのでよろしくお願いいたします。