CLIL クリル CLIL クリル

最近ECCさんが「クリル!」というCMをやってくださっているので、やっと皆さんに広く知っていただけるようになる!と一人でガッツポーズをしておりますが、CLILとは、Content and Language Integrated Learning:内容言語統合型学習の略です。日本語にするとまたとっても難しく見えるのですが、簡単に言うと「英語を」学ぶのではなく、「英語で」学ぶ、そんなアプローチです。

http://diamond.jp/articles/-/152464

でもこれって、教える側にそれなりの英語力と、知識はいりますよ。

ネーミングが変わっても教え方が同じだと、効果は出ないかもしれません。

私の教室では元々取り入れてはいましたが、去年ケンブリッジのTKT(英語知識認定テスト)を受け、ちゃーんと、CLILの知識テストで4段階中3は取得しておりますので、安心してくださいね!

あ、でも突然「今日クリルやりたいです!」というのはなしで!レッスン前には一応一通りおさらいをしているんですよ!

レッスンの時間だけ知っている知識をアウトプットしていたら、すぐに枯渇してしまいます。

今年はもう取る資格はないと思いますが、もっと自分の勉強に時間もお金も費やしたいなと思っています!

A784B682-E37F-474E-A8B7-F8FD03A7BA8E870FF18A-9C11-4B06-9AB9-98CFF291E11C

翻訳コンシェルジュ®松崎由起子がご提供するサービスはこちら: