英語の発音を本気で学ぶ

1週間という短い間にあり得ないような素晴らしい体験を立て続けにして、心にぽっかり穴が……(笑)もぬけの殻状態です。

松崎悠希さんのワークショップで学んだことはたくさんあります。発音に関してはもちろん私も知識としてあることはありました。でもそれ以上に「本物であり続けること」について、人生が変わったと言っていいほどの衝撃を受けました。

どういう道を選ぶかは自分次第だけど、基準は高く!2年前に初めて受けた国際発音検定では一発満点を取ってしまったけれど、出来ていない発音はあったので、次回はパーフェクトを狙いにいくことにしました。

と思って前回の結果を探しているのですが、私のお免状一式が入ったファイルが見当たらないほどぼーっとして頭が痛い。どんだけもぬけの殻やねん。→その後見つかる

今回、「実力も人物も素晴らしい」先生に出会ったときの学習者の気持ちが初めて分かりました。自分自身の経験もそうですが他の人の行動から見えたことも。

先生を独り占めして色々訊きたい
帰らなくていいなら帰りたくない
先生がいいと言った教材を買いたい
先生にOKを出してもらうまで披露したい
先生がOKを出してくれたら嬉しい

でも、冷静に考えればわかる。

あなたのその憧れの先生はそうやって今の実力をつけたのですか?……違いますよね(それとは別の問題で、11時間ぶっ通しで教えてくれた先生に、まずは休んでもらいましょうよ。せめてPizzaのテーブルへご移動いただきませんか?懇親会=個人の質問攻めタイムではない。)

ということで、まずは一冊読み終えました。ずっとふわふわとしか理解していなかった本でしたが、今日読んだらわかりました!この調子でがんばるだ。まず頑張ってみてからまた考える。