発音研究会(自主練の成果を発表する会)の様子

お待たせしました!

5月に行われました発音研究会の様子を録音したものを一部だけご紹介します。発音研究会と言ってもそれぞれに日頃の練習の成果を発表しあってお互いに聴く、学ぶ、という会で、かなり楽しかったです!

なお、その後の試験の結果はまだ出ておりません。

4名ご参加いただいていたので、可能であればもうお一人の音声も入れたかったのですが、はっきりとしたお返事をいただいていないのでとりあえずやめておきました。

A様 本業は司会者(マナー講師と経理もこなす)。日本語がメインだが、バイリンガル司会もこなす。発声および発音のたゆまぬ努力と、「伝える」読みへの思い入れには右に出るものなし?隣で聞いていると、発音だけでなく息継ぎや間の取り方にもかなりのこだわりがかなりあるように感じました。

B様 この音声では唯一の男性。TOEICの勉強も続けつつ、最近は色々新しいことに挑戦してみたいご様子。前日に初めて私の発音講座4時間を受け、そこで課題文を知ったばかりですが、お上手でした。

C様  TOEICを主に教えてきた生徒さんですが、文字で読む情報よりも耳から入る情報の方が格段に覚えが速く、TOEICのスコアアップにも効果があるタイプであるのと、普段は車での移動が多いため、音声副教材をご提供してきました。私が文字情報と音情報の関係性に興味を持つきっかけをくださった生徒さんです。今回初めてご本人が音読されるのを聞き、わたくし、ひっくり返るかと思うほどびっくりいたしました。

A様コメント

昨年秋に発音検定を受けると決めてから、毎日練習しました。まず単語の意味を調べ、意味を理解して、見本の音声を英米ともに聞き、自分の楽なアメリカ英語でネイティブのスピードに近くなるまで音読。いかに伝わるには?を一番に考え、緩急・強弱を付けてみる。喋り手の気持ちや伝えたいことを想像し、なりきる、などの練習を行いました。

その他いつもしていることは…電車内のアナウンスを真似したり駅構内の日本人の英語アナウンスにツッコミを入れながら(私ならここで間をあけてここは早く&ゆっくり、発音はこう読む)とかやってますかね。

C様コメント

発音検定試験の練習期間としては、この日初めて課題文を見たので、帰宅後にひたすら課題文を読みながらイメージを深めました。課題文各50回以上は読んだと思います!この日は自分の回が回ってくるまでユコニー先生とゆうこさんの発音を何度も聞いて、真似できる部分を真似するように練習しました。

あと、いつもしている事は毎朝10分くらいTOEICの問題集を使ってリスニング練習をしています。まずCDで聞いて、原文を見ずに真似します。次の日には今度は書き取ってみて、原文と比べます。その次の日は、原文も見つつCDも聞きながら追っかけ読みします。その次の日は、原文を見ずゆっくり追っかけ読みします。最後の日はそのままのスピードで、原文を見ずに追っかけ読みします。←この頃はノリノリです。(← 以前はTOEICのときは緊張で肩に力が入ってしまっていたんですよね)1週間1セットみたいな感覚です。あとは、仕事の合間や寝る前などに、DUOを音読したりしてます。これは毎日ではありませんが、土日のお出かけの時は気分に合わせて、以前ユコニー先生に勧めていただき買った単語の本などを持ち歩いて、発音のアクセント部分などをチェックしたりしています。

いかがでしょうか?

いつも本当にたくさんの気づきをありがとうございます😊